佐伯チズ情報

佐伯チズ式にきび・にきび跡のケア【佐伯チズ@お取寄せ】




歳を取ると代謝が鈍り老廃物が肌に溜まりやすくなります。
その結果が「大人にきび」です。

「大人にきび」を防ぐために、リンパマッサージをして「毒」を抜き、週に1度はスクラブ洗顔で古い角質を取り去ります。
あごの裏や耳の後ろそして、鎖骨の上などを軽く指で押すだけのリンパマッサージで、
にきびやたるみ、むくみをも予防してくれるので、気がついた時に実行してみて下さい。
にきびで悩んでいる人の大半が過剰の洗顔になっているので、
何度も洗顔することやダブル洗顔をしばらく中止するだけで、
改善することが多いです。

【 佐伯チズ式にきびケア 】

にきびができたら、水でコットンを濡らしてアルコールを含んでいるコットンに化粧水を含ませてにきびのある所に軽く消毒して、
にきびの周囲を指先でつまみ、芯を出します。
このときに、爪を立てて無理に芯を出そうとすると、色素沈着を起こしてにきび跡になってしまうので
慎重に、そして丁寧に行って下さい。
にきびの芯を出した後は、にきびの上に美白パックをして毛穴を引き締めます。
また、普段目の届かない背中にもにきびができてしまうことがあります。
しかし、背中のお手入れまでは行き渡らない方もたくさんいるのではないでしょうか。
お風呂で体を洗う際には、綿や麻などの天然素材のものを使用して、肩甲骨のくぼみの部分まで隅々を丁寧に洗います。
さらに、リンパ節が脇の下にあるので、それを軽くマッサージすることで老廃物を流してくれるので、背中のにきび対策になります。
にきび跡の「色素沈着」に効果的なのは、ローションパックをして、にきび跡部分には佐伯チズ式の「美白パック」をします。
常日頃から美白効果が高い化粧品を使用することや、美白化粧品で集中ケアをするのも効果的です。
根気を待って続ければ、確実に色素沈着を起こしてしまったにきび跡も薄くなります。

ケミカルピーリングでにきび跡を消そうとする方もたくさんいるようですが、
肌表面を人為的に平らにすることで、汗と皮脂が通る道までつぶしてしまい、肌全体が脂で這う状態になってしまいます。
ケミカルピーリングとは、薬品を使って肌の表面をそぎ落とす治療です。
肌に赤みがおびたり、くすんでしまったりとトラブルが起こりやすくなり、
1度治療をしてしまうと続かなくてはいけなくなったしまいます。
ピーリング治療をするのは容易ですが、自分流のスキンケアで努力してから考えましょう。

【佐伯チズ@お取寄せ】トップページへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49765579
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。