佐伯チズ情報

佐伯チズ式リキッドファンデーションのつけ方【佐伯チズ@お取寄せ】

佐伯チズ式のリキッドファンデーションのつけ方は、
指や手のひらを使い、しっかり肌に密着させていき
化粧崩れしにくいベースを作りあげます。

ファンデーションというのは、水分と油分のバランスが一定にとれていて肌にもなじみやすいく、
化粧崩れがしにくい「リキッドファンデーション」が佐伯チズさん推奨です。

特に30歳を過ぎた方は乾燥気味の肌になるので
リキッドファンデーションを使ったほうが良いようです。

日焼け止めクリーム・下地クリーム・リキッドファンデーションの3種類を混ぜて合わせてつけると、
忙しい時も短縮して一気に仕上げることが出来ます。
日焼け止めクリーム・下地クリーム・リキッドファンデーションは、
手のひらにそれぞれ真珠ぐらいの大きさで1:1:1で取り、全てを混ぜ合わせます。
手のひらですべてのクリームを温めながら混ぜると、
のびが良くなりさらに肌への密着度も高まります。
そして化粧崩れのしにくくする効果もあります。

リキッドファンデーションの色はオークル系、ピンク系の2色を用意して、
自分の肌の色と毎日合わせて調整します。
顔色が悪い時にはピンク系のファンデーションを多い目に、
ほてりや赤みが気になる時にはオークル系のファンデーションを多めにするなど
体調に合わせて2色を混ぜ合わせます。

すべてのクリームを混ぜ合わせたら、
両頬・額・鼻・あごに適量をのせて、
全体的に指で伸ばし毛穴をひとつひとつにやさしく丁寧に入れ込むようにして
しっかりと肌になじませます。
肌全体的に入れ込んだら、1度ティッシュで手に残ったファンデーションを拭き取り
手をきれいにしたら、それでさらに手のひら、指の腹を使ってクリームを入れ込んでいきます。

これで完成!!

【佐伯チズ@お取寄せ】トップページへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。